« 3月の東京都企業春季大会のこと。 | トップページ | 新しいレンズを買いました。 »

2016年4月23日 (土)

ENEOSの引退選手 -沼尾勲-

2015年に引退したENEOSの選手の記事。
これでようやく最後になります。

一週間ほど前、「さて、書くぞ!!」と気合入れたのですが、載せようとしてた写真が少なすぎたため、写真をもう一度選び直してからになってしまいました。
・・・ってかもっと早くやるべきだったんですけどねぇ。





沼尾投手は2005年にENEOS野球部に入部。
2005年は、私も社会人野球を見始めてはいたけれど、まだENEOSには特に興味もなかった頃なので、当時のことはほとんど分かりません。

ということで、ENEOS野球部HPに載っていた沼尾投手のインタビュー記事を改めて読んでみることにしました。

第32回 突撃インタビュー「沼尾 勲」  第80回都市対抗野球組み合わせ決定!! 連覇へのキーマン


田澤投手と同期入社でしたね。
田澤投手は2006年の日本選手権の頃から注目されるようになった(と思う)けれど、その頃はまだ沼尾投手も全然登板機会はなかったですよね。
このインタビュー記事を見ると、沼尾投手の公式戦デビューは2008年の日本選手権だったことが分かります。
4年目でようやくだったんですね。


この記事にも書いてある、2009年のスポニチ大会の明治安田生命戦、観戦してました。

1

ってことは、私が沼尾投手を公式戦で観たのはこの試合が初ってことなのかな・・・?
いつの間にか沼尾投手は普通に戦力になっていたから、全然そういう実感がないんですけどね。
2009年の都市対抗や他の公式戦でもばんばん投げてましたから。


で、2010年の都市対抗・・・。
東芝の補強選手に選ばれて都市対抗優勝もしたんですが・・・・。

2
※須藤選手と沼尾投手


この都市対抗の当時は全く知らなかったのですが、のちに「実は沼尾投手はこの都市対抗の時には故障をしていて痛み止めを打ちながら投げていた」ことを知りました。
で、都市対抗が終わってから手術をした、と・・・。
もし都市対抗の補強選手に選ばれていなかったら無理して投げることもなかっただろうし、補強選手に選ばれていたからこそ、投げるしかなかったんですよね。

その都市対抗から約1年、治療に専念していたために投げられなくて、ようやくオープン戦で投げてる姿を見た時には感動しました。

3

これは2011年9月のオープン戦です。
この試合は沼尾投手の写真ばっかり撮ってました。


2012年、ENEOSは都市対抗で優勝しますが、セットアッパーとしてENEOSの優勝に貢献。
ENEOSにはなくてはならない存在になっていましたね。

4


5

6


そして、その年の日本選手権でも優勝。
胴上げ投手は沼尾投手でした。

7

中継ぎが多かった沼尾投手なので、こうやって胴上げ投手になれたのは沼尾投手の努力が報われた感じがして嬉しかったですね。


8

厳しい場面での登板が多かったため、いい結果ばかり、という訳でもありませんでした。
だけど、「沼尾投手が打たれたのなら仕方ない」、と思わせてくれる、大きな存在であったことには変わりありません。
だから2005年から2015年まで、長い期間野球を続けられたんだと思います。

ただ少し残念なのは、沼尾投手ってあまり表情を変えないから、笑顔の写真って全然ないんですよね(笑)。
笑顔な姿ももう少し見たかったかな。


長い間お疲れ様でした。
沼尾投手の存在は本当に頼もしかったです。
故障が多かったり、大事な場面での登板が多くて、精神的にもつらいことばかりだったかもしれません。
私の想像以上のつらさとずっと戦っていたんでしょうね。

いままでありがとうございました。
本当に本当に、お疲れ様でした。

|

« 3月の東京都企業春季大会のこと。 | トップページ | 新しいレンズを買いました。 »

社会人野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1080337/65131127

この記事へのトラックバック一覧です: ENEOSの引退選手 -沼尾勲-:

« 3月の東京都企業春季大会のこと。 | トップページ | 新しいレンズを買いました。 »