« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

2016年4月24日 (日)

新しいレンズを買いました。

デジタル一眼レフカメラを買ってウン年。
買った時についていたレンズしか持っていなかったのですが、先日、初めてレンズを買いました。
カメラに慣れると誰でも欲しくなる(と言われている?)単焦点レンズ、です。

で、購入した単焦点レンズを使って桜とチューリップを撮ってきました。
もちろん、撮影日は別ですよ~。


1

曇りの日に撮りにいったので、いまいち・・・・(言い訳)。




2


F1.8なのでかなりボケるのですが、その加減も難しいですね。
ボケ過ぎなくていい場面でボケると失敗しますしね。
慣れるまで大変そうです。


3

風景を撮る時には気をつけないと困りますね。


4

チューリップの撮影の日は時間がなくて・・・・(言い訳)。


5

上から撮ったり、下から撮ったり・・・試行錯誤sweat01


6

白いチューリップってきれいに撮れないんだけど、どうしたらいいんだろう?
このチューリップよりももっと真っ白なチューリップがきれいに撮れなかった(ノ_-。)


7

撮影してたら、カメラ持ってるおじさんに話しかけられました(笑)。
やっぱり、チューリップの見頃って年々早まってますよねぇ。
温暖化の影響がこんなところに・・・。


8

命がけの撮影(^_^;)


9

チューリップは先週撮ったもので、ほんとはこの週末にまた撮影の練習しに行きたかったんだけど、疲れて遠出ができませんでした。
数日後に行っても・・・もう無理かなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月23日 (土)

ENEOSの引退選手 -沼尾勲-

2015年に引退したENEOSの選手の記事。
これでようやく最後になります。

一週間ほど前、「さて、書くぞ!!」と気合入れたのですが、載せようとしてた写真が少なすぎたため、写真をもう一度選び直してからになってしまいました。
・・・ってかもっと早くやるべきだったんですけどねぇ。





沼尾投手は2005年にENEOS野球部に入部。
2005年は、私も社会人野球を見始めてはいたけれど、まだENEOSには特に興味もなかった頃なので、当時のことはほとんど分かりません。

ということで、ENEOS野球部HPに載っていた沼尾投手のインタビュー記事を改めて読んでみることにしました。

第32回 突撃インタビュー「沼尾 勲」  第80回都市対抗野球組み合わせ決定!! 連覇へのキーマン


田澤投手と同期入社でしたね。
田澤投手は2006年の日本選手権の頃から注目されるようになった(と思う)けれど、その頃はまだ沼尾投手も全然登板機会はなかったですよね。
このインタビュー記事を見ると、沼尾投手の公式戦デビューは2008年の日本選手権だったことが分かります。
4年目でようやくだったんですね。


この記事にも書いてある、2009年のスポニチ大会の明治安田生命戦、観戦してました。

1

ってことは、私が沼尾投手を公式戦で観たのはこの試合が初ってことなのかな・・・?
いつの間にか沼尾投手は普通に戦力になっていたから、全然そういう実感がないんですけどね。
2009年の都市対抗や他の公式戦でもばんばん投げてましたから。


で、2010年の都市対抗・・・。
東芝の補強選手に選ばれて都市対抗優勝もしたんですが・・・・。

2
※須藤選手と沼尾投手


この都市対抗の当時は全く知らなかったのですが、のちに「実は沼尾投手はこの都市対抗の時には故障をしていて痛み止めを打ちながら投げていた」ことを知りました。
で、都市対抗が終わってから手術をした、と・・・。
もし都市対抗の補強選手に選ばれていなかったら無理して投げることもなかっただろうし、補強選手に選ばれていたからこそ、投げるしかなかったんですよね。

その都市対抗から約1年、治療に専念していたために投げられなくて、ようやくオープン戦で投げてる姿を見た時には感動しました。

3

これは2011年9月のオープン戦です。
この試合は沼尾投手の写真ばっかり撮ってました。


2012年、ENEOSは都市対抗で優勝しますが、セットアッパーとしてENEOSの優勝に貢献。
ENEOSにはなくてはならない存在になっていましたね。

4


5

6


そして、その年の日本選手権でも優勝。
胴上げ投手は沼尾投手でした。

7

中継ぎが多かった沼尾投手なので、こうやって胴上げ投手になれたのは沼尾投手の努力が報われた感じがして嬉しかったですね。


8

厳しい場面での登板が多かったため、いい結果ばかり、という訳でもありませんでした。
だけど、「沼尾投手が打たれたのなら仕方ない」、と思わせてくれる、大きな存在であったことには変わりありません。
だから2005年から2015年まで、長い期間野球を続けられたんだと思います。

ただ少し残念なのは、沼尾投手ってあまり表情を変えないから、笑顔の写真って全然ないんですよね(笑)。
笑顔な姿ももう少し見たかったかな。


長い間お疲れ様でした。
沼尾投手の存在は本当に頼もしかったです。
故障が多かったり、大事な場面での登板が多くて、精神的にもつらいことばかりだったかもしれません。
私の想像以上のつらさとずっと戦っていたんでしょうね。

いままでありがとうございました。
本当に本当に、お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月16日 (土)

3月の東京都企業春季大会のこと。

えっと、先月の話(^_^;)

3月21日に大田スタジアムで東京都企業春季大会を観てきました~。

この日は元々、春季神奈川大会を観る予定だったんですが、19日が雨で順延になった影響で21日にENEOSの試合がなくなってしまったため、「だったら大田に行っちゃおう!」と決断したのでした。


で、第二試合のセガサミー対NTT東日本戦の途中から観戦。




【セガサミー対NTT東日本】

1

森脇投手、ピンチなのにニコニコでかわいかった( *´艸`)


2

あかほりぃ~!

試合結果はこちらで → JABA:セガサミー対NTT東日本

5対2でセガサミーが勝ちました。



【明治安田生命対鷺宮製作所】

3

荒川選手。コーチ兼任。
背番号は31に変わったんですね。


4




5

この反った感じが好き。


6

危ないっっ( ゚Д゚)!!


7

大野選手。


8 9

ガッツボーズ!


10

大久保投手。


11

大久保投手。


12

齋藤投手。
結局完投しちゃったのね。


13

ベンチちら見な手錢選手。


14

このくいっとした感じがs(ry


15

ルーキー・三宮選手(゚∀゚)
大学時代に見たことある選手だと思い入れがあるので応援したくなるんですよね~。
でも、打たれちゃいましたけど・・・。
ランナーいる時に交代したから、仕方ないところもあるかなぁ・・・・。


16

次回にまた期待します。
他のルーキーの選手たちにもこっそり期待しています。


17


逃げ切れていれば・・・
追加点が取れていれば・・・
と、いろいろ思うことはあるけれど、
最終的に鷺宮が準優勝したことに結構驚いていたりしてsweat01

試合結果はこちらで → JABA:明治安田生命対鷺宮製作所

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月12日 (火)

四国大会は東京ガスが優勝

ブログさぼりまくり。
書かなきゃと思ってることが2件ほど溜まってるんだけど・・・。

で、今日は四国大会の決勝トーナメントがありました。
ENEOSも決勝トーナメントには進出したものの、決勝戦で東京ガスに負けてしまったようです。

もちろん、観に行っていないので詳しいことは分からないけれど、チーム的にまだ完全にはかみ合っていないのかもしれませんね。
戦力もごっそり変わったし、今は試行錯誤中なのかな~、と想像しています。


だけど・・・やっぱり・・・日本選手権対象試合で優勝できないのはきついですね。
最近ずっと日本選手権対象試合で優勝できてないことに慣れてきてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 3日 (日)

六大学対抗戦 東大対JX-ENEOS

3月26日の試合です。
スコアは一応つけていたんだけど、選手交代やら試合展開が忙しくなって、途中から訳の分からない状態になってしまいました(´Д`)


スタメン。

1


先発は江口投手。

2


新人の塩見選手の、この足の上げ方が格好良かった!

3


江口選手、バントはちょっと微妙な感じ・・・・!?
結局フォアボールだったけど。

4


先制したのはENEOS。
3回裏、渡邉選手が3ランホームラン(^O^)/

5


その後、柏木選手のタイムリーで、糸原選手がホームイン。
一挙に4点取ります。

6


4回裏。
代走・百瀬選手。

7


盗塁、からの、一気に三塁へ~。

8 9


で、そんなことがあったりした後、なんと、渡邉選手が2打席連続ホームラン∑(゚∇゚|||)

10

渡邉選手が、ってのにもびっくりだし、
2打席連続、ってのにもびっくり。
私、ENEOSの選手が1試合に2本ホームラン打った試合って観たことあったかしら・・・・???


とにかくこの試合は良く走ってましたね。
塩見選手も~。

11 12


6回裏・松本選手のタイムリー!

13


こちらは7回裏。谷田選手のタイムリー(*´▽`*)

14


この日は3塁側だったから、左打席の選手の写真がたくさん撮れたのはいいんだけど、右打席の選手ももっと見たいんですけどねぇ。
山田選手とか(^_^;)
・・・って一応、スタメンではあったんですけども。


ピッチャーは、江口投手、北原投手、船本投手とリレー。
ピッチャー陣は新人の登板はなかったですね。

15


試合は15対1でENEOSの勝ち。
思った以上に点差は開いたかな。
15点取ってる割には、試合時間は長く感じなくて、ほんとにあっという間でした。


16


試合内容はこちらの公式ページを見た方が早いですね。
私も自分のつけたスコアがぐちゃぐちゃ過ぎて分からなくなっちゃったし。

東京六大学-社会人対抗戦2016 東大 - JX-ENEOS


スコアぐちゃぐちゃ、ってのもあるけど、ENEOSの新人選手が全然分からない(・_・;)
写真を見直しても、誰が誰だか分からなくなっちゃうんですよね。
以前は打撃フォームと体型でおおよそ分かったのに・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »