« 都市対抗準決勝 JX-ENEOS対西濃運輸 | トップページ | 池辺選手 引退試合 »

2014年10月 7日 (火)

秋季神奈川企業大会 JX-ENEOS対三菱日立パワーシステムズ横浜

保土ヶ谷球場まで観に行ってきましたよ(*゚▽゚)ノ

1日1試合なんだから、開始時間もっと遅くてもいいですよね~?
10時30分からって言っても、絶対もっと早くから始まるんですから。

スタメン

1

スタメンというか・・・ショックな事実を突き付けられました。
何で?何で??


ショックといえば、黒獅子エンブレムも無くなってましたね。

3

そういえば、都市対抗終わってからENEOSの公式戦を見るのは今日が初でした。



2

ENEOSの先発は船本投手。
ピンチらしいピンチもなく、8回まで投げて無失点!
すごい!



4

一方のMHPSの先発は野村投手。
ドラフト候補でもある野村投手を撮影するテレビカメラもいましたね。
この映像、どこで放送されるんでしょ?

そんな野村投手も船本投手同様に好投しまして、なかなか得点できませんでしたよね。


ENEOSの序盤の最大のチャンスは、2回裏でした。
田畑選手がヒット・・・かと思ったのですが、これ、多分エラー扱いでヒット取り消しになったみたいです、たぶん。
で、一塁に出塁すると、今度は盗塁!

5

が、ここで送球が逸れて、その間に三塁へ・・。

6

野村投手の前に、三塁まで進んだのはこの場面のみ。
この回、結局得点することは出来ませんでした。
野村投手は7回まで投げましたが、無失点でしたね。


そんな投手戦では両チームとも得点することはできず、とうとう9回終わって0対0。
10回からはタイブレークです。

7

MHPSは3番の竹内選手から。
ENEOSは1番の井領選手からの攻撃です。



8

タイブレークの前に、大塚投手もライン引くお仕事。


9 10

10回表、代打の平尾選手が犠牲フライを打って1点先制。



11 12

するとその裏、今度はENEOSも井領選手が犠牲フライを打って、1対1の同点になり、さらに試合は続きます・・。

11回表、MHPSは無得点で、11回裏のENEOSの攻撃。
代打・池辺選手が初球を打って、サヨナラタイムリーo(*^▽^*)o

13

なかなか決着のつかない試合、池辺選手があっさり決めましたね!
さすが( ̄▽ ̄)


14

ナイスバッティング!




15

11回まで戦って、両チームともヒット4本ずつだとか。
投手戦で、締まったいい試合でした!




16

・・・っと、どこかで載せようと思いながら載せるタイミングを逃した、高安監督と佐々木選手の写真。
なんか気になって、MHPSのベンチをチェックしちゃうんですよね(*´ω`)
今更だけど、こんなに身長差があるんですねー。

|

« 都市対抗準決勝 JX-ENEOS対西濃運輸 | トップページ | 池辺選手 引退試合 »

社会人野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1080337/57606880

この記事へのトラックバック一覧です: 秋季神奈川企業大会 JX-ENEOS対三菱日立パワーシステムズ横浜:

« 都市対抗準決勝 JX-ENEOS対西濃運輸 | トップページ | 池辺選手 引退試合 »