« 日本選手権の組み合わせ | トップページ | 秋季神奈川企業大会 JX-ENEOS対三菱日立パワーシステムズ横浜 »

2014年10月 5日 (日)

都市対抗準決勝 JX-ENEOS対西濃運輸

台風きてますね。天気悪いですね。
こんな日じゃないと、7月の都市対抗の記事を更新できないので、今日のうちにやっておきます。
今更だけどね(^_^;)


7月28日(月)の試合。
この試合の目玉といえば、工藤阿須加さんの始球式( ̄▽ ̄)

1

ブログでは一切話題にしてなかったですが、ドラマ「ルーズヴェルト・ゲーム」は毎回、録画しながら見てました!
録画しながらじゃないとね・・・“スポニチ大会”ってワードや、セガサミーの応援などに動揺して、ストーリーが分からなくなっちゃいますからねsweat01

工藤阿須加さんはこの日の前にも西武ドームで始球式をやっていましたので、まさか都市対抗でも始球式するとは思ってもみませんでした。


2

爽やか~lovely


3

嬉しそうhappy01


4

5

髪切った?


6

工藤さんの去り際に、ちゃっかり握手する東名選手( ´艸`)


7

麻生選手も何かしゃべってる( ´艸`)

今思えば、これだけリラックスして楽しんでる西濃運輸の方が、気持ちに余裕があったのかなぁ・・・。
もしくは、沖原選手にパワーもらったとか?


この日のスタメンは・・・

8

うん、佐竹投手だよね。
知ってたよ。


9

ENEOSの準決勝の対戦相手が西濃運輸に決まった時から、いろんな人に
「(先発投手は)佐竹投手だよね」・「佐竹投手から打てるかな?」などなど言われました。
私も、この試合はかなり手こずるなと思ってました。試合前から。

ENEOS対佐竹投手といえば、この試合を思い出します。
2012年の日本選手権準決勝ですね。
その時のブログ→日本選手権準決勝 トヨタ自動車対JX-ENEOS 
この試合ではENEOSが勝ったものの、佐竹投手に抑え込まれてましたが、あれから2年後の都市対抗準決勝でも、やはり佐竹投手に抑えられちゃいましたね。


10

ENEOSの先発は大塚投手。
初回、簡単に2アウトを取るものの、打ち込まれて2失点。

11 12


大塚投手は2回にも打たれてしまい、ここで降板。

13

継投も考えていたENEOSでしょうけど、これはあまりにも早い投手交代ですよね・・。


14

代わった北原投手、2回はきっちり抑えるのですが、3回に満塁からの走者一掃2ベースヒットを打たれ、3回でまさかの6-0。
こんなに打たれた北原投手、あんまり見た覚えがないのですが・・・(ノ_≦。)
そして北原投手に代わって、沼尾投手が登板します。


15

沼尾投手に代わってからは試合も落ち着きましたけど、まさか3回で3投手もつぎ込むことになるなんて・・。


ENEOSは3回裏に、高橋選手のタイムリーヒットでとりあえず1点返します。

16 17

でも、1点返すのがやっとでしたよね。
佐竹投手相手に6点も取れませんって。
正直、6点差になったところで、この試合はほぼ諦めてました。


18

それでも、ENEOSは6回から大城投手が登板し、試合の流れを変えようとします。
実際、大城投手が登板して、ENEOSの流れになることが多々ありましたもんね。
でも、さすがにこの試合ではそこまでは無理だったようです。


ENEOSは7回のチャンスに、松本選手が代打で登場Σ( ̄ロ ̄lll)

19

まじでびっくりしたわーー。
チャンスで代打とは、思ってもみませんでした。
残念ながら結果は出なかったけれど、代打の後、ファーストの守備に就きましたね。


20

この試合が唯一の試合出場機会になってしまった松本選手、来年は都市対抗でがっつり出場してくださいね!


21

そして同様に、8回からは山岡選手も出場。

8回9回と西濃運輸に得点を与えず、最後の9回裏。
2アウトから石川駿選手が2ベースヒットを打ちます。

22

実はこのヒット、今年の都市対抗での石川駿選手の初ヒットだったんですよね。
去年あれだけ打った石川駿選手、今年はこのヒット1本のみでした。
続く山崎珠嗣選手はライトフライに倒れ、試合終了。


23

西濃運輸が勝ちました。


24

試合の序盤である程度覚悟はしていたので、試合直後はそんなにショックではありませんでした。
あ、負けちゃった・・・って感じで。
逆転負けとか、接戦だったら違ったのかもしれないけれど。


25

黄獅子旗授与。
こんなにあっさり授与されるんでしたっけ・・・。


26

結果でいえば、ベスト4。3位。
決して悪い結果ではないのに、嬉しいという感情もありませんでした。
負けたことがとてもショック、ってことでもないけど。
ただ、試合直後は気持ちの整理がなんにもつかなかったな。


27

そういえば、書こう書こうと思って書けなかったことをこの機会に書いておきます。

再三、「逆転のENEOS」ってあちこちで言われてましたけど、私はこの言葉、大嫌いでした。
だって、逆転するってことは、それまで負けてるってことですよね?
そりゃ、逆転するのはそれだけの力がないと無理ではあるけれど、私が思うに、本当に強いチームは先行逃げ切りで勝つチームだと思うんです。

ちなみに、2008年、ENEOSが都市対抗で優勝した時は5試合のうち、4試合は先行逃げ切りでした。
準決勝のHonda戦は、長野選手のホームランで先行されちゃったんですよね。

先制して逃げ切って、相手チームに流れを持っていかせない、という試合の方が、圧倒的に勝ってる感じがしますし、私はやっぱりそういう試合の方がいいです。
もう、「逆転のENEOS」からは卒業してほしいなぁ。


28


やっぱり佐竹投手にやられてしまった。
でも今度は佐竹投手、自分のチームで活躍しないと、ね。
来年は自分のチームで都市対抗出場してください。

来年といえば・・・来年の都市対抗西関東予選は、神奈川の企業チームは3チーム出場しますね。
ENEOSだって、来年は予選敗退する可能性もあります。
どこのチームが予選敗退するかは全く分かりません。
厳しい戦いになりそうですね。

でも、今年の西濃運輸を見ていると、やっぱり補強選手っていいな、って思いますよ。
補強選手が活躍してこそ、都市対抗だなって。


・・・・っと長くなっちゃったな。
いろいろ書き過ぎたかも(^_^;)

|

« 日本選手権の組み合わせ | トップページ | 秋季神奈川企業大会 JX-ENEOS対三菱日立パワーシステムズ横浜 »

社会人野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1080337/57582383

この記事へのトラックバック一覧です: 都市対抗準決勝 JX-ENEOS対西濃運輸:

« 日本選手権の組み合わせ | トップページ | 秋季神奈川企業大会 JX-ENEOS対三菱日立パワーシステムズ横浜 »