« オープン戦 東京ガス対Honda | トップページ | 負けてしまいました。 »

2014年8月24日 (日)

都市対抗準々決勝 JX-ENEOS対JR東日本

7月26日の試合。

この対戦、3年連続。
さすがに、3回目は負けてしまうかもしれない・・・。
そんなことを思いながら見ていた、試合前練習。

1_2

ENEOSの試合、最後かも・・と思って、無駄に写真撮りまくってたみたい(^^;)
写真見直したら、たくさん出てきたよ。


この日のスタメンは・・

2_2


3_2

ENEOSの先発は船本投手でした。
大城投手か船本投手か、どっちかだろうなーと思ってましたが、そちらでしたかー。


4

1回表、怖いバッター・松本選手を三振にとったりして、良さそうな感じだったんですけど・・・
2回表に東條航選手に3ランホームランを打たれてしまいました。


5

・・・・・・・。
3点か・・・・。


6_2

一方のJR東日本の先発は飯田投手ヽ(´▽`)/
やっと見られたーーーーーーーhappy02

とあるきっかけもありまして、私は飯田投手を応援しているのですけど、なかなか登板機会がなくて見られませんでした。
都市対抗予選も本選も、関谷投手が先発でしたし。
しかし、前回のパナソニック戦で関谷投手が負傷したこともあって、飯田投手に出番が回ってきたんですよね。
飯田投手が見られたのはいいけど、何でENEOS戦なんだろう・・・。
これもいろんな意味で“運命”なのかな?

そんな飯田投手、完璧なピッチングで5回までノーヒット!
ENEOSが打てないのは嫌だけど、飯田投手の好投は嬉しかったりで、かなり複雑でした。


6回裏、先頭打者の田畑選手がようやくチーム初ヒットを打つと、続く日高選手は送りバント?!

7

と思ったら、野手の間をころころ抜けて内野安打に♪
これ、たまたま抜けてったのかと思ったら、日高選手が密かに練習していた技で、狙ったヒットだったそうですね。


8

だからこんなに喜んでたのね。
ここぞの場面で決まって良かった!
日高選手の活躍もあり、この回は高橋選手の内野ゴロの間に1点返して、3対1となります。


9

ENEOSは船本投手のあと、沼尾投手・北原投手と継投して、7回表からは大城投手が登板。
もうここまできたら大城投手しかいないですよね。
大城投手が7回表を3人できっちり抑えて、これで流れがENEOSに・・・?

・・と思ったものの、7回裏の攻撃はあっさり2アウト。
石川駿選手がフォアボールで出て、2アウト1塁で、バッターは山﨑珠嗣選手。


10

なんかこういう場面の後って、だいたいヒットが出るよね?
・・・と思ってたら


11

ほんとに打ったΣ( ̄ロ ̄lll)

そして、2アウト1・2塁から、田畑選手が同点タイムリーhappy02

12

田畑選手すごい!!
正直、都市対抗ではあんまり活躍してないイメージを持ってたんですが、今年の田畑選手は違いますよね!
頼りになる選手です!!


13

この同点打で飯田投手は降板。
飯田投手、勝てませんでしたね・・・。
でも、全然悪くなかったし、この好投は堀井監督にいいアピールになったと思います。
これからの飯田投手の活躍を期待しています。


14_2

そして、渡邉選手の打球がポテンと落ちて、その間に2塁ランナーが還ってなんと勝ち越し!
まさか、この試合も逆転しちゃうなんて。

2回に3点先制されて、相手ピッチャーの調子も良くて、こんな感じで負けちゃうのかと覚悟していたけど、劇的な逆転勝利。

15

勝ったなんて、信じられないような試合でした。


16

ヒーローインタビューは渡邉選手。
もう監督に「お前はこのチームに入ってから何もしてない」なんて言わせない、ですよね。

でも、田畑選手の話も聞きたかったかも、って思ったりもしましたけど(2回目)。

|

« オープン戦 東京ガス対Honda | トップページ | 負けてしまいました。 »

社会人野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1080337/57174274

この記事へのトラックバック一覧です: 都市対抗準々決勝 JX-ENEOS対JR東日本:

« オープン戦 東京ガス対Honda | トップページ | 負けてしまいました。 »