« 2013年社会人野球ベストナインが発表されました | トップページ | 宮澤選手と柳田選手のインタビュー »

2013年12月 7日 (土)

表彰選手などについて、もうちょい書いてみる。

先日は社会人野球ベストナインについてちょこっと書いたけど、もう少し踏み込んで書きます。
(先日のは夜中に携帯でさくっと書いたのでね~)



ベストナインはこちら → ■2013年度社会人野球表彰ベストナイン(PDF)

個人成績はこちら → 2013年個人成績ランキング(PDF)



ということで、ENEOSでは井領選手のみが受賞。
井領選手、2度目の受賞ですね!

2

個人成績を見ると、井領選手はどのランキングでも、だいたい上位に入ってますね。
打点はチームトップの20(全体では2位)。
井領選手っていいところで絶対打ってますもんね。
・・・だから、日本選手権でチャンスに打てなかったのがとても残念。

井領選手と共に、ランキングトップ争いをしてるのは日本生命の井上選手。
来年は千葉ロッテの選手になりますけど、プロでどれだけ活躍するのか楽しみですね。
と同時に、「井領選手もドラフト指名されてもおかしくないのに・・・」って思ってしまいます。
指名されたらされたで寂しいけれど。



そして、首位打者賞に輝いたのは、なんと、高橋選手でした!!

1

まじでびっくりでした(゚д゚;)
こんなに打ってるとは思わなかった。

確かに、今年は春先から調子いいなぁ~、とは思ってました。
スポニチ大会や東北大会でも活躍し、いい感じだったんですけど、都市対抗では石川選手がファーストを守る機会があったりして、出番は少なかったですね。

高橋選手といえば・・・私は打席での粘り強さが好きです。
粘って粘って出塁する、というスタイル、相手投手からしたら嫌な打者ですよね。
出塁数を見ると、全体では7位の31。
四死球も9。多い方ですよね?
やはり2番打者として適任なんだなーと思ってしまいます。
大学時代も2番打ってましたもんね。


では改めて。
井領選手、高橋選手、おめでとうございます!




逆に悪い面で気になったのは、田畑選手の三振の多さ(^_^;)
都市対抗でかなり稼いじゃったですもんね。
都市対抗での三振数が気になる人は自分で調べましょう。私は怖くてできない(笑)。

そんな田畑選手、試合では1番を打つことが多いんですけど、一番に向いているのか若干気になるところ。
下位の打線で打った方が気楽でいいんじゃないかな、って思うんですが。駄目??
そういえば、都市対抗で石川選手が一番打ってたけど、それもおもしろかったなぁ。




あと、投手成績を見ると、ドラフト指名された選手がわんさか。
ってことは、こられの選手が来年はいないってことだから、来年はかなりチーム勢力図が変わるかもしれませんね。
来年は監督もだいぶ変わるみたいですし。
楽しみでもあり、少し怖いな。

|

« 2013年社会人野球ベストナインが発表されました | トップページ | 宮澤選手と柳田選手のインタビュー »

社会人野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1080337/54179049

この記事へのトラックバック一覧です: 表彰選手などについて、もうちょい書いてみる。:

« 2013年社会人野球ベストナインが発表されました | トップページ | 宮澤選手と柳田選手のインタビュー »