« 京都大会。 | トップページ | 京都大会は日本生命が優勝 »

2013年5月 1日 (水)

京都大会1日目 日本新薬対JX-ENEOS

京都大会は昨日雨で順延したため、明日が決勝トーナメントです。
明日は仕事どころじゃないなー。
・・・・と言いたいところですが、明日はおそらく仕事が超忙しい日。
仕事中に試合チェックは出来ないかも(といいながらこっそりチェックするsweat01

ENEOSの準決勝の対戦相手は日本生命のようです。
日生、京都大会で1試合見ましたけど、かなり強かった印象shock
大丈夫かなぁ・・・。


と、明日のことがかなり気になりますが、ひとまず京都大会1日目の話でも。
4月27日(土) 第一試合
日本新薬戦です。

スタメン。


1

お、前田選手がスタメンなのね♪
そして新人選手2名も!


2

先発は大城投手。
そして、ファーストは新人の石川選手。
大城投手、無難な立ち上がり。


先制したのはENEOSでした。

3

2回表、先頭打者の山田選手が3塁打!!


4

続く、山﨑選手がタイムリーヒットで1点先制。
さらに・・・


5

石川選手がタイムリー3ベースヒットで2点目happy01


6

山﨑選手~、急いで~~dash


4回表には井領選手のタイムリーで3対0としますが、3回裏に1点返されて4対1となります。


で、井領選手は5回にもヒットを打ったのですが、その際・・・

7

打球が挟まってしまってエンタイトル2ベースヒット。
とまぁ、これは良くあることですが、私がびっくりしたのは

8

約25分後に、すぐに設備を修復していたこと Σ( ̄ロ ̄lll)
仕事早すぎますよ~。


9_2

8回表には代打・池辺選手のソロホームランで4対0。
一振りで大仕事。さすがですshine


10

8回裏から新人の尾田投手が登板。
8回裏は無失点で抑えたのですが、9回に打ち込まれちゃいますcrying


11

北原投手も当然、ブルペンで投げていましたが、ここは尾田投手に踏ん張ってもらいたいところ。
頑張れ~punch


12

1点差に詰め寄られて2アウト1塁3塁だったか(?)、最後は井領選手のナイスキャッチで試合終了。
これが抜けていたら大変なことになってました・・・。
井領選手、ナイスプレーsign03


ここまでひやひやした展開になるとは。
でも尾田投手がどうにか最後まで投げ切れたのは大きかったかも。

|

« 京都大会。 | トップページ | 京都大会は日本生命が優勝 »

社会人野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1080337/51451986

この記事へのトラックバック一覧です: 京都大会1日目 日本新薬対JX-ENEOS:

« 京都大会。 | トップページ | 京都大会は日本生命が優勝 »