« としをとる | トップページ | ENEOS率75% »

2010年7月25日 (日)

橋上さんの本

私がヤクルト時代にファンだった、橋上さんが本を出したそうです。
橋上さんは野村監督が楽天の監督だった時、楽天のヘッドコーチを務めた方。
ヘッドコーチに就任した際には、まじでびっくりしたけど、さらに今度は本まで書いちゃったとのこと。

ということで、早速買って読んでみました。

スポーツ報知:“側近”が伝える一般人向け「ノムラの考え」…橋上秀樹著「野村の『監督ミーティング』」

↑のリンク先に本の解説があるので、それを見ていただければ内容が分かるかと・・・。

以上。
(不親切なブログでごめんなさーい。)




・・・と、さすがにこれで終わるわけにはいかないので、もちょっと書きます。



今、巷で話題になってるという、某ドラッカーの本も読みましたけど、私には橋上さんの本の方がとても現実的でした。
橋上さんの本を読んだ後、その内容を頭におきながら仕事しましたが、「私はまだまだだな」って反省しっぱなしでした。
準備もできてないし、心構えがまだまだ。

それに、自分が変化することがやっぱり怖いんだな・・・って自覚もしました。

時々、この本を読み返しながら、自分を省みたいと思います。



先程のスポーツ報知のリンク先の記事に気になる言葉が。

 グラウンドを離れ、今季は充電中だが、現場復帰への意欲は満々だ。

ほんとですか!!!
また、ユニフォームを着てくれる日がくるかもしれないんですね。
この本が売れれば、橋上さんの評価が上がって、いろんなチームから誘いがありそうですもんね。

でも・・・出来ることならヤクルトのユニフォームを着てほしいです。もう一度。

|

« としをとる | トップページ | ENEOS率75% »

プロ野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1080337/35894652

この記事へのトラックバック一覧です: 橋上さんの本:

« としをとる | トップページ | ENEOS率75% »