« ふそうの今後 | トップページ | 早稲田大が引き分けた »

2008年10月12日 (日)

真中と度会と河端と小野の引退試合

神宮球場にて、今季最終戦のヤクルトスワローズ対横浜ベイスターズの試合を観戦しました。

真中選手、度会選手、河端選手の引退試合の日程が決まってからすぐ、ヤクルトファンの友人達にかたっぱしから連絡を取ったのですが、12日の引退試合に行けるという友人が誰一人いませんでした(;_:)

誰も一緒に行ってくれないんじゃー、今回の引退試合に行くのはやめようかな、と思っていた当日のお昼前、1人のヤクルトファンの友人が「今日神宮に行きたいんだけど・・」と連絡をくれました。

なので、急遽、行くことに決定!
連絡をもらったのは外出先だったので、それから急いで家に帰り、急いで野球観戦の支度をし、神宮に向かいました。

(P君、連絡くれてありがとう)

ヤクルト戦の試合開始を待っていると、バックスクリーンに引退する選手の名前が出ます。

良く見ると・・・・・あれ・・・・?

3選手のはずが4選手の名前が出ています。

へ・・・・?

小野選手も引退なんですか??

球場に着くまで全然知りませんでした。




ヤクルトの今季最終戦の先発は高市投手。

高市投手は5回まで投げて被安打1。
この時点でヤクルトが3対0と勝っていたので、「これなら高市投手のプロ初勝利は間違いない!」と思ってました。

ですがこの日は4選手の引退試合です。

4選手を試合に出場させるため、まずは6回あたまから河端投手が登板することになります。
本当だったら高市投手が続投する展開だったんですけどね・・今日は仕方ないです。




河端投手の登場曲は「名探偵コナン」。
この曲が神宮でかかりまくってた時代に、河端投手は中継ぎで活躍してましたよね。
懐かしかったです。

もっと河端投手の投げてる姿を見ていたかったなぁ・・・。

河端投手は斉藤俊選手を三振にとったところで交代。
お疲れ様でした。


3対0でリードしていた7回表。
押本投手が村田選手に3ランを打たれて同点になってしまいます(T_T)
この村田選手の46号ホームランが出たことにより、村田選手がホームラン王単独トップが決定し、45本のラミレス選手が2位になります。
なので、ヤクルトファンからは“ラミレス選手がホームラン王を獲れなかった”という理由で、歓声があがります。

でも・・・私としては“高市投手のプロ初勝利が消えた”ことの方がショックだったので、こうやって喜んでいるヤクルトファンの心理が理解できませんでした。

打たれた押本投手が悪いっちゃー悪いんですけど・・・。
だけど、今年の前半は押本選手のおかげで勝った試合もありましたからね。責めたくはないです。

7回裏には代打で度会選手が登場。

ゆ~け~ も~え~ろ~よ~ ガ~ッツだ わ~た~ら~い
ス~パ~ ファイタ~だ~ 左右に鋭く打ち分けろー

という独特の歌い方をする度会選手のテーマ曲。
つい、歌いたくなってしまう曲です。
もうこの曲は歌えないんですね。


度会選手の前にこの曲を使用してたのは桜井選手。
「〇〇らい」つながりですね。
今度「〇〇らい」って選手がヤクルトに入団したら、この曲を使ってもらいたいな、と思います。


同点のまま試合は進みますが、最終戦、しかも引退試合で延長戦なんて何だか格好悪い。
(友人の話で思い出したけど、池山選手の引退試合は延長戦でしたね。
延長になったことで、池山選手にもう1打席回ってきた、という感動的な試合でした)

そう思っていた8回裏に、真中選手が代打で登場します。

打てよ~ 真中 走れ~ 狙え 右中間 左中間・・・

最近のヤクルトの選手の応援歌は歌えるものが少ないけど(勉強不足なので)、真中選手の応援歌は歌いやすくて好きでした。
もっと歌いたかったです。

真中選手は背は低いけど、それを感じさせないパワーがありましたね!

試合の勝敗も左右する真中選手の打席、ヒットを打ってほしかったのですが、三振でした。

↑打席の写真じゃなくてごめんなさい m(__)m


「ああ・・・延長になるのかな」という不安の中、続いて小野選手が代打で登場します。

8回裏・2アウトという場面だったのでちょっと油断してました。
真中選手の後だったということで緊張感が抜けてました。

まさか、小野選手が勝ち越しホームランを打つなんて、思ってもみませんでした。

知らなかったのですが、小野選手ってプロ初打席もホームラン。
そしてプロ最終打席もホームラン。

小野選手、最後の最後で主役の座を奪ってしまいましたね!


ということで、ヤクルトが4対3で勝ちました。

この試合で盗塁1を決めた福地選手が赤星選手に1つ差の42盗塁で盗塁王に。
そして石川投手が送りバントで1アウトを取って、2.676の防御率でトップに立ちました。
前日まで広島のルイス投手が1位だったのに、なんか申し訳ない感じもします。
カープファンの皆さん、ごめんなさい。
来年はこんなタイトル争いよりも、ヤクルトと広島で優勝争いしましょう!

4選手の引退試合ってこともあるし、最終戦でタイトル争いがかかってた、ってこともあったし、いろんなことが起こり過ぎの試合になりました。
池山選手や古田選手の引退試合とはまた違った感じの、印象的な引退試合となりました。

試合後には引退セレモニーがありました。
引退する選手の思い出映像が流れますが、小野選手は準備が出来てなかったのか、映像なし。
プロ初ホームランのシーンとか見たかったなぁ。

←真中選手、若い(笑)。




真中選手
度会選手
小野捕手
河端投手

本当にお疲れ様でした。

また会える日まで・・・


最終戦ということもあって、スタジアムDJのパトリック・ユウ氏もライトスタンドに挨拶していました。
ちゃんと丁寧に挨拶してる姿はとっても好印象でした♪
ただ単に仕事をこなしてるだけじゃなく、ヤクルトが本当に好きなんだな、と思いました。

1年間、お疲れ様でした。




そしてつば九郎。
デジカメで写真を撮って、しっかりとブログ更新。
つば九郎も毎日毎日、ブログ更新、お疲れ様でした。

来年も活躍してね!




|

« ふそうの今後 | トップページ | 早稲田大が引き分けた »

プロ野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1080337/29825448

この記事へのトラックバック一覧です: 真中と度会と河端と小野の引退試合:

« ふそうの今後 | トップページ | 早稲田大が引き分けた »