« 唐突に東都観戦 | トップページ | 青学、惜しくも亜細亜大に敗れる »

2008年4月19日 (土)

唐川投手、2軍で初勝利

東都を見た後だったので、バテ気味でしたが、続けて横須賀スタジアムへ行き、
イースタンリーグ・湘南シーレックス対千葉ロッテマリーンズの試合を観戦しました。



【4月16日 湘南シーレックス 1-2 千葉ロッテマリーンズ

現在の千葉ロッテは、2軍からどんどん若手が1軍に昇格し、活躍しています。
根元選手、細谷選手、早坂選手、角中選手などなど。

昨年のイースタンの試合で常時試合に出ていたような選手がいなくなってしまったので、今は一体どんなメンバーが出場しているのか、気になります。

スタメン

◆千葉ロッテ◆

5:塀内
4:新里
3:福浦
7:ズレータ
8:南
9:神戸
2:金澤
6:渡辺(正)
1:唐川

◆シーレックス◆

5:藤田
6:梶谷
4:ジェイジェイ
9:内藤
8:小池
3:高森
2:武山
7:河野
1:山口


千葉ロッテの3番、4番は贅沢な感じですが、あとは・・・・。

3番の人 4番の人


昨年までのような、わくわくするメンバーがあんまりいないですね。

でも先発の唐川投手には大・大期待でした。無理して来てみて良かった♪

唐川

その唐川投手、1回裏を3者三振。
2回裏も2者続けて三振で、1回裏の先頭打者から、なんと5者連続三振!
びっくりするような立ち上がりです。

その後も・・・
3回に1つ、
5回に2つ、
6回に1つ、
7回に2つ三振をとります。4回以外は三振をとってたんですね。

これで7回までで合計11個の三振。すごっ。



成瀬投手がイースタンで投げてた時もこうやっていくつも三振をとってましたが、それを思い出させます。
唐川投手はまだ1年目。これだけ投げれるなんて大したものです。
「唐川投手をゴールデンウイーク中に一軍に上げる」って話を聞いた時には「どうせ話題性づくりなんじゃない?」って思ってましたが、こういうピッチングをされると「一軍でちょっと見てみたいかも」と思えてきます。
やっぱりこの選手ってすごかったんですね。恐れ入りました。

山口

シーレックスの先発は山口投手。

あの・・・・私がシーレックス戦を見に行くと、必ず山口選手が登板するんですけど(そんなにたくさん見に行ってる訳じゃないですが)。
めちゃくちゃ相性いいんですね♪

考えてみたら、山北投手とも相性が良いような・・。
この前、一軍の試合で山北投手を見たのに、今回シーレックス戦でまた投げてるし。
う~ん、これは喜ぶべきなのでしょうか!?

山口投手は、先日のENEOS戦では調子悪かったようですが、この日は良かったです。3回投げて無失点に抑えます。



そして6回途中から高崎投手が登板します!やったー!

高崎

多分、プロ入りしてから初めて見ました。
高崎投手を見られたのは嬉しいんですけど、次はこのユニフォームじゃなくて、ベイスターズのユニフォームで投げるところが見たいです。

結果、負け投手になってしまった高崎投手でしたが、調子はそんなに悪くなさそうでしたよ。
もう横須賀で投げなくて良いですから、早く浜スタに戻ってください!



下窪

下窪選手も一軍で見たい選手の一人です。

調子の良かった唐川投手から三振したのは仕方ないにしても、次の打席ではヒットを打ってもらいたかったです。

一軍に上がるのはまだまだ先かなぁ・・・。





宮本

ロッテの打者で印象に残ったのは、代打で出場した宮本選手。育成選手です。
代打で出場し、2塁打を打ちました。

他の打者がいまいちな感じの中で、宮本選手は思いっきりの良いスイングでした。
初めて見た選手でしたけど、応援したくなりました。頑張ってもらいたいです。




神戸

神戸選手は一年目から期待してるんですが、この日はノーヒット。
次々と若手選手が一軍に上がる中、あとは神戸選手が上がってくれればなー、という感じなんですけどね。

でも神戸選手が一軍に上がってしまったら、ますます二軍の試合は寂しいメンバーになってしまいそう。



この日、一軍の試合では角中選手がプロ初のホームランを打ちました。
横須賀スタジアムでは、試合の合間に一軍の試合の情報も逐一教えてくれるので、角中選手のホームラン情報も言ってくれてました。
ロッテファンの方々からは歓喜の声が沸きあがってました。

そんな光景を見ながら、私は、大松選手が西武ドームでプロ初ホームラン(満塁ホームラン)を打った時のことを思い出してました。
大松選手がこのプロ初のホームランを打った時、私は横須賀スタジアムでイースタンのロッテ戦を見てたんですよね。
あの日もこうやって、ロッテファンの方々が大喜びし、大松コールを送っていました。

何だか、私の中では大松選手と角中選手がだぶってしまいます。
角中選手も大松選手のように大活躍していくのかも・・・そんな勝手なことを思ってしまいました。


試合は両チームの投手陣がだいたい好投してたこともあり、ヒットはロッテが6安打、シーレックスは4安打のみ。
ロッテが8回に、宮本選手の2塁打の後、新里選手と福浦選手にタイムリーが出て2点先制。
その裏に1点返されますが、ロッテが逃げ切って勝ちました。
先発の唐川投手がイースタンで初勝利!おめでとうございます。


レック

試合は2時間30分ちょっとで終わりました。

今日は投手戦で良かった。すごく寒かったですからね。
打撃戦になって試合が長引いたら、多分途中で帰ってました。

やっぱりこの時期のナイターはまだまだ寒いです。



|

« 唐突に東都観戦 | トップページ | 青学、惜しくも亜細亜大に敗れる »

プロ野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1080337/28303516

この記事へのトラックバック一覧です: 唐川投手、2軍で初勝利:

« 唐突に東都観戦 | トップページ | 青学、惜しくも亜細亜大に敗れる »